自分でカラーしても良いですか?? その③

NO.1123

 

 

 

 

 

今回も行ってみましょう!!

 

自分でカラーしても良いですか??

 

自分でカラーしても良いですか?? その②

 

 

 

からの続きですね~~(^^♪

 

 

 

 

 

自分でカラーする場合の

アドバイス👀

 

 

どんなカラーをつかえばよいのか?

 

どんな塗り方をすればよいのか?

 

どんなことに注意しないといけないのか?

 

 

 

 

 

 

という、3つの段階にわけて

アドバイスしていきます!!

 

 

「さあ、気になる白髪を

自分で染めてみよう!!」

 

 

 

と、思っても

とりあえずカラーがないと染められない!!

 

 

 

で、ドラックストアやコンビニに

カラーを買いに行ったとします!!

 

 

 

 

しかし!!!

 

 

カラーといっても

たくさんの種類がス”ラ~~~ッと

 

並んでいます👀

 

 

 

 

 

こんなにたくさん種類があると

 

どれを使ってよいのかわからない💦💦💦

 

 

 

どのメーカーが良いの?

 

やっぱり少しでも値段が高いものが良いの?

 

それとも、

あの人も使っていると言っていた

カラーが私にも良いの?

 

 

と、いきなり迷うことになると

思います(笑)

 

 

 

 

なので💡

 

 

ワンポイントアドバイスその①

 

どんなカラーをつかえばよいのか?

 

 

 

こちらから行きたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなカラーをつかえばよいのか?

 

たくさん種類のあるカラー👀

 

 

選ぶポイントとしては

消去法でいくと

 

 

とりあえず、

 

泡カラー

 

こちらは

 

必ず避けてください!!

 

 

どこのメーカーに限らず、

 

 

泡カラーはやめましょう!!

 

 

 

 

 

何でかというと💡

 

 

 

泡カラーで染めようとすると

 

 

 

こんな感じで

👇

 

どうしても髪全体に

カラーがついてしまいます(´・ω・`)

 

 

今回大切なのは

 

根元からすぐ伸びてきてしまう

白髪をカバーすること

 

が目的です!

 

 

なのに全体にカラーがついてしまうと

 

髪が余計にダメージしてしまう上に、

 

 

毛先の部分が暗く染まりすぎて

しまう原因になります!!

 

 

 

 

 

なので、

 

今回の自分でカラーアドバイスでは

カラーを選ぶときは

 

必ず泡カラーは避けてください!!

 

 

 

 

これで選択肢も少し狭くなりましたね(笑)

 

 

 

 

 

それでは

次にカラーを選ぶポイントとしては

 

 

 

 

 

 

 

 

そのカラーの

 

ハケはどうなっているのか?

 

 

 

 

 

これを注意して選びましょう!!

 

 

 

 

 

カラーの箱を開けたら

 

 

こんな感じの

アイテムが入っていると思います

 

👇

 

ここで見て確認してほしいのが

 

カラーを塗るときにつかう

 

ハケ!!

 

これが

こういうタイプのものなのか、

 

 

 

それとも

 

👇👇

 

 

こういった

ブラシタイプのものなのか?

 

 

 

これを必ず確認しましょう!!

 

 

 

ハケタイプとブラシタイプ

 

どちらが良いのかは

自分のやりやすい方でOKです!!

 

 

 

 

 

出来るだけ細かい作業ができる方が

良いので、

 

 

どのタイプが自分がやりやすいのかを

考えて選んでみてくださいね(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ

 

カラー選びで大切なポイント!

 

 

色と明るさ

 

です!!

 

 

 

ここはとっても重要です🔥

 

 

 

ます”は色から!!

 

 

色といっても

これもまたいろんな種類があります!

 

黄色、赤系、マット系、ゴールド系…

 

 

色々あるけど

 

 

ここでは

ナチュラル!

 

 

 

ナチュラルブラウン

を選びましょう!!

 

 

 

 

 

 

何でかというと

 

その名の通り

ナチュラルブラウン=自然な茶色

 

 

ということなので、

 

自分で根元をカラーした場合、

毛先の色となじみやすいです!

 

 

なので

よほど真っ黒なブラックにしたい!

 

 

という人以外は

 

ナチュラルブラウンを選びましょう(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

そして次にとっても重要なのが

 

明るさ

 

 

これを選ぶポイントは

 

カラーの箱の裏などに記載されている

こんな表示

 

👇👇

 

カラーの明るさは

番号で表示されていることが多く、

 

1~10くらいまであって

 

1が真っ黒

10が明るめ

 

 

ということになるんですが、

 

今回の自分でカラーアドバイスでは

より失敗をすくなくするために

 

選ぶ明るさは

 

1~10まであるとして

 

真ん中が5だとすると

 

3~4

 

ここの明るさを狙ってください!!

 

「私は明るくしたい!」

 

「私は暗くしたい!」

 

という要望はとりあえず置いといて

 

 

とにかく3~4を選んでください!!

 

 

 

どうしてなのかは、

 

やはり自分でカラーする場合の

失敗を防ぐためです!

 

 

1に近すぎる色で染めてしまうと

 

思ったより暗く染まってしまうことが

あります。

 

ましてや自分でカラーすると

塗るのに時間もかかってしまい、

 

カラーが髪についている時間も多くなる。

これによって思ったよりも

 

髪が暗く染まりすぎる可能性が

高くなります。。

 

 

かといって、明るく染めたいからと

10に近い明るさを選んでしまうと、

 

 

逆に色が薄すぎて

白髪が染まりきらす”に、

 

白く浮いてしまう原因にもなります💦

 

 

 

 

それじゃあ、真ん中の5でいいじゃん!!

 

 

と、思うかもしれませんが、

 

 

この5という明るさは

 

メーカーや種類によって、

 

暗めに染まりすぎたり、明るく染まってみたり

と、ばらつきがあるんです!!

 

 

 

なので、ここは無難な選択として

真ん中よりもやや下の

 

3~4を選んでください!!

 

 

さっきの色と同じように

私は真っ黒にしたい

 

 

という人は、1やブラックを選んでも

大丈夫ですが、

 

 

それ以外の人は

3~4、

 

もしくは

 

そのメーカーの明るさの幅の

真ん中よりもやや暗め

 

 

 

この明るさのカラーを選びましょう!!

 

 

 

 

 

 

ここでまとめましょう(笑)

 

 

カラー選びのポイントは💡

 

 

☆泡カラーは使わない

 

 

 

☆ハケタイプかクシタイプか

自分の塗りやすい方を選ぶ

 

 

 

☆色は迷わずナチュラルブラウンで!

 

 

 

☆明るさはそのメーカーの

真ん中よりやや暗めを選ぶ

 

 

 

 

この4つを守ってもらったら

 

 

 

どこのメーカーのカラーだろうと、

 

安くても高くても、

 

どちらでも良いですよ!!

 

 

 

さあ、ようやくカラーが決まりましたね(^^♪

 

 

 

次は、

 

どんな塗り方をすればよいのか?

 

 

 

 

 

は、

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きま~~す!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあ、また明日~~✌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新のブログ

友だち追加

↑LINE@でお得な情報

北広島町のおすすめスポットのご紹介♪♪

みなさん、

行ってみてくださいね♡

 

コチラ

👇👇👇