なぜ同じ白髪染めでも仕上がりに違いが出るのか?

vol.146


 

みなさん、こんにちは!!

 

北広島町と安佐北区の

間にあるヘアサロン

 

ヘアガーデンの

上田隆敏です!






白髪率が、全体の約20%くらいの
人に、同じ6レベルの白髪染めブラウン



を塗ったら、




仕上がりはどうなるのか?










白髪率が20%というと
どういう状態なのかを

簡単にいうと目




黒い髪が8割

白い髪が2割



という状態ですそうそう






こんな感じでしょうか
ダウン


ここに6レベルの
白髪染めブラウンを塗ると目




2割の髪が白い部分は
このように染まり

ダウン
8割の黒い部分は
このように染まります



ダウン


このように、


白い部分は6レベルよりも
少し明るく染まって、



黒い部分は

白い部分よりは
暗い仕上がりになりますウンウン



全体の比率は
黒髪が8割なので



仕上がりは

白髪100%の人と比べたら



同じ6レベルの白髪染めを
塗ったとしても






暗い仕上がりになるんです!!




じゃあ、


白髪率が20%の人が
明るく染めたい場合は




どうすれば良いのか??





そうです





レベルを上げるんです


白髪染めカラー剤の
トーンレベルを上げるビシ!






例えば


6レベルではなくて


8レベルの白髪染めカラー
を使うんですグッド!





そうすれば、8割の黒い部分が



明るくなるので


全体的に見ても
明るい仕上がりになりますニコニコ





しかし、



2割の白い部分は
さらに明るく染まるのでぎくっ




トーンレベルを上げ過ぎると
白髪が染まりきらず





白髪が浮いてしまうaya







ということもあるので


そこは



しっかりとバランスを見極めて
白髪染めする必要があるんですガッツ






白髪を染めつつ
明るい仕上がりを求める場合にはひらめき電球




・全体のバランスを見極めて




・それにあったトーンレベルの
カラー剤をチョイスして




・それをうまく塗り分ける





これが

とても大切ですそうだ!











それじゃあ、また明日〜〜✌️





最新のブログ

友だち追加

↑LINE@でお得な情報

北広島町のおすすめスポットのご紹介♪♪

みなさん、

行ってみてくださいね♡

 

コチラ

👇👇👇